Top

昨日からつづく私、明日へかわる私
カテゴリ
全体
Greetings
Diary
Knitting
Embroidery
Collage
Sewing
以前の記事
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
umicoの過去ブログ
うみのいろ

コラージュを集めたイメージブック“いろあはせ”


umicoの作品を集めたポートフォリオ“UMICORN”
その他のジャンル
ブログジャンル
カテゴリ:Sewing( 4 )
Top▲
裏地なし 簡単巾着
b0212339_23355481.jpg

薄手のコットン生地1枚仕立てで巾着袋が欲しい!とご要望があったので
いそいそと縫いました、3枚。

生地の厚みとしては花柄の方が薄いので、ご希望に近そうですが
この生地はハギレしか売っておらず、敢え無くドットと組み合わせ。

お子様が使っても、ママが持っても良い柄と色を考えたつもりでしたが
ちょっとギリギリかな?

何でも、保育園のお着替えを入れたり、おもちゃの整理や持ち運びに使うのだとか。
小さいサイズの巾着は売っていても、大きいサイズは見つからないんだって。
確かに、こういうサイズは体操着入れとか、給食当番の割烹着入れしか見たことないかも。

作りは簡単だから、生地さえあれば縫えちゃう巾着。
サイズも自由自在ですから、また必要なら声かけてくださいね。
b0212339_2346360.jpg

[PR]
Top▲ by uminoilo2 | 2014-01-08 23:47 | Sewing
Herringbone
b0212339_12512560.jpg

ヘリンボーンって、ニシンの骨って意味なのね。。。
杉綾って響きからくる針葉樹林的な香りのイメージだったのに(笑)

ともあれ、小さい頃から好きな柄です。
初めて手にしたのは、母が縫ってくれたジャンパースカートだったか
巻きスカートだったか、、、グレーのツイード生地でした。
ジグザク、ジグザグ、膝元に広がる柄を目で追って楽しんだのを覚えています。

大人になった今も、生地に限らず壁のタイルや床のフローリング
いろんな所で“いいなー”と感じる時はヘリンボーンの事が多いです。
そういえば中学の頃、庭にレンガを敷き詰める事になって、その時
杉綾に並べたい!と父に提案して、それを採用された事があったなぁ。
あれは嬉しかった。


さて、この生地は何処で買ったか忘れちゃったけど、
ハギレコーナーに並んでいたのを素通り出来ずに連れ帰った物。
多少くったりした感じの麻布です。
いつかランチョンマットにでもしようと思って置いてあったのですが
明日お客様なのにテーブルクロスが無い!ということで
急遽、端ミシンしただけの即席テーブルクロスになりました。
b0212339_13151470.jpg

うん、でも結果オーライ。
白いクロスの上にアクセントで敷いてもいいし、夏には一枚でさらっと使えそうだし
年明け最初の裁縫にしては良い物ができました。

こんな簡単にテーブルクロスができるなら、生地の買い方も変わってきそうだな、、、なんて
新しい楽しみも増えました。
[PR]
Top▲ by uminoilo2 | 2014-01-05 13:20 | Sewing
キャミソールチュニック
b0212339_9514023.jpg

可愛い生地を見つけると、ちょこちょこ買っていたので
自分は布を持っていると思っていたのですが・・・大きいこと言いました。
ごめんなさい。
ほとんどハギレでした(笑)

ミシンを出したついでに、エプロンとかパジャマとか縫いたいな
なんて思って本を見ていたのですが、持ってる生地がことごとく足りなくて
気が付いた訳です、ああ、ハギレだったんだ。
そういえば袋しか作ってなかったもんなって。

それでも何か着る物を!と作ったのがこちら。
子供用のキャミソールチュニックです。
(スタジオクリップさんのキャミソールを参考にさせて頂いています)
b0212339_106293.jpg

切り返しを付けたので少し手間取りましたが
基本は巾着袋と同じ、裾を綴じてない分簡単です。

以外とシックに出来上がったから、これはMちゃん行きかな。
どうだろう?

それにしても、ギャザー寄せるのって難しい!
どうやったら上手く出来るんだろう?
[PR]
Top▲ by uminoilo2 | 2012-06-08 10:08 | Sewing
プチリメイク
b0212339_1045920.jpg

暖かくなってきて、毛糸を触るのも気になってきた今日この頃
たまっていた洋服直しに取り掛かることにしました。

若い頃から洋服のサイズには悩まされていて・・・
詰めたり、切ったり、自己流の工作レベルでやってきましたが
ここへ来て主人からも“お直し”の依頼を受けることに。
彼の場合、オサレ男子的なリメイクも含まれるので、それはそれで楽しい。

最近ではリメイクを見込んでの購入もあり、これもその1つ。
簡単な物なのでOKしました。ボタンの付け替えです。

b0212339_1051040.jpg

シックな色味の貝ボタンに変えたら、大人っぽいテイストになって大満足なご様子(笑)
私は大手手芸材料店に堂々と行かれる口実ができたので嬉しい♪
さ、次は何直そうか?なんて言ってみたりして。
[PR]
Top▲ by uminoilo2 | 2012-06-07 10:17 | Sewing
| ページトップ |